製品情報

ecomame

エネルギー管理・制御システムecomame series

ecomameとは?

ecomameとは、従来の電力の見える化のみならず、独自の自動制御により、無理なく、人の手を介せず、自動で省エネを行う画期的なシステムです。

従来の電力の見える化では、電力の使用量が見えて理解できても、有効な省エネには専門的な知識や手間がかかり、結果が出ないことも少なくありませんでした。ecomameでは、独自の制御システムにより、施設や環境に合わせた自動制御が行われ、専門的な知識や手間は一切いらず、有効な省エネを実現することができます。

また、独自のクラウドシステムにより、24時間365日いつでもどこでも現地の状況が監視でき、現地の制御の変更も行うことができます。操作は、PCのみならず、タブレットやスマートフォンでも行うことも可能です。

エコという実になる種になれば…。これからの未来を見据えた私たちの願いです。

プランニング

「ecomame series」(ecomameシリーズ)は、お客様の施設ごとにプラン(削減効果試算)を作成し、ご提案させていただきます。対象機器(例)は、EHP、GHP、AHU、OHU、ポンプ/モータ類、ダンパー/バルブ類、給排気ファン類、熱源(ボイラー・冷発・その他)、インバータ、ヒートポンプなど既存設備機器を組み合わせ運用します。すべてのプランには「見える」「操る(制御)」が含まれており、導入後も環境に合わせ、お客様ご自身による設定変更やご活用いただくことはもちろん、弊社がリモート機能を活用し適切な運用をサポートします。また提供する商品は自社開発/製作により安価にご提供し、概ね2~4年で償却が可能なご提案をさせて頂きます。

select

  • スケジュール制御
  • 運転管理制御
  • 空調制御
  • 温度/湿度制御
  • 熱源制御
  • 排気ファン制御
  • 照明制御
  • ロードヒーティング制御
  • 出向管理制御
  • 冷蔵庫制御
  • 製造機器制御
  • 機械連携運用
  • 中央監視連携

対応施設について

「ecomame series」(ecomameシリーズ)は、ショッピングモール、ホテル・温泉施設、コンビニエンスストア、ビル、工場・倉庫など、多種多様な施設に対応可能です。過剰な機能・設備は省き、有効なプランのみをご提案させていただきます。建物の規模や用途、環境によって、スケジュール制御・運転管理制御・空調制御・熱源制御・照明制御など、適切な導入設備を組み合わせることで省エネを実現します。

ecomame series

ecomame-Pro導入目安:制御入力条件128点以上、制御出力対象機器16点以上

ecomame-Std導入目安:制御入力条件128点以下、制御出力対象機器16点以下

ecomame-SPot導入目安:公共工事等。現場に特化したecomame。

※導入設備は規模、用途などにより変動します。詳しくは担当者までお尋ねください。

自動制御で有効な省エネ

ピークカット制御(デマンド制御)、温湿度制御、ローテーション制御(サイクリック制御)、消し忘れ防止制御等、様々な制御を用いて、現地の状況より有効的な制御を行います。

  • ピークカット制御(デマンド制御)

    ピーク電力(最大デマンド)を目標に合わせて制御します。たった30分のピーク電力が1年間の基本料金を左右するため、ピーク電力のカットは、重要となります。ピーク電力をカットすることにより、契約電力の変更を行い、基本料金を削減することが出来ます。

  • 温湿度制御

    温湿度センサーを、外気/対象となる空間に設置し、無駄のない空調設備の運転を行います。エアコン等に付属のサーモスタットでは、空間の温度のムラや誤差が多く、過剰な運転に繋がるため、適切な温湿度での制御を行います。

  • ローテーション制御(サイクリック制御)

    一定時間制御を繰り返し、気付かないところで削減を行います。定期周期で制御が行われ、ほとんど気づくことはありません。エアコン等の空調設備へ有効で、大幅な削減が期待できます。

  • 消し忘れ防止制御

    消し忘れなどで営業時間外に運転している設備を強制的に制御を行います。人的にON/OFFを行っている設備へ有効で、無駄な運転を抑制します。

クラウドシステムで、
いつでもどこでも施設の状態把握

施設内の状況は、リアルタイムでクラウドシステムへ送られ、24時間365日、現地のリアルタイムな状況が監視できます。施設の制御設定もクラウドシステムにて管理しており、施設を訪れることなく操作が可能です。また緊急時には、電話やメールでアラートが送信され、未前に危機を回避することができます。

様々な端末に対応

PC、タブレット、スマートフォン等、様々な端末に対応しています。インターフェースは、Webアプリケーション化しており、端末依存の心配もありません。

複数の拠点を統合管理

複数の拠点を、本社で一元管理でき、運用管理業務に関わる負担を軽減し、省エネにおける企業活動の推進に貢献します。また、ユーザーやグループ、権限なども一元管理でき、必要に応じた運用が可能です。

独自のAPIでのシームレスなシステム連携

独自のAPIにて、外部システムとの連携が可能です。既に別の省エネシステムを導入している場合、このAPIを利用してシステムの連携が図れます。

施設に合わせたカスタマイズが可能

施設や設備、業種に合わせて、カスタマイズが可能です。またガス、水道等、電力以外のエネルギーや特殊設備への対応も可能です。

A社
スケジュール制御
空調制御
熱源制御
製造機器制御
B工場
空調制御
温度/湿度制御
熱源制御
排気ファン制御

リースの活用で、初期投資0円を実現

リースでの導入も可能です。リースでの導入を行う事により、削減コストと月々のリース料金を相殺し、実質負担0円を実現することも可能です。

  • リース料
  • 削減費
  • 初期投資

    0